インビザラインと歯の磨き方

マウスピース矯正(インビザライン)では、矯正治療をするにあたり歯と歯の間に隙間を作ることが多いです。歯と歯の間に隙間を作ることで抜歯をしなくても、矯正治療の適応範囲が増えます。

ただ、隙間ができたことで、食事の際に食渣が詰まりやすくなります。歯の隙間に挟まった食渣はブラッシングだけでは取ることが難しいです。フロスや歯間ブラシを併用して、清掃するする必要があります。

矯正治療中に限ったことではないですが、ホームケアだけではなく歯科医院でのプロフェッショナルケアも大切です。矯正治療中は定期的に歯科医院に通院するので、一緒にオフィスケアをすることをお勧めします。

2月 21, 2021インビザラインのエトセトラ