インビザラインの付け方は?

マウスピース矯正(インビザライン)はしっかりとはまっていなければ、歯を動かす力が十分に働きません。歯列とマウスピース矯正(インビザライン)が一致しただけでは、浮きがあることが多いです。

歯とマウスピース矯正(インビザライン)の隙間をなくすために、シリコン製のロールやシートを咬んで適合を高めます。シリコン製のロールやシートは医院の方で準備されていることが多いです。

ロールやシートを使わないでマウスピース(インビザライン)を口の中に入れて、グッと咬んではめるようにすると破損の原因になるので、注意しましょう。

8月 28, 2021インビザラインのエトセトラ